小売業・飲食業及びサービス業チェーン店向け経営支援・出店戦略支援サービスに特化した専門企業「ミナト・アドヴェンチャー」

出店戦略アドバイザリー 実例紹介

※2017年1月現在

これまで弊社が関与させていただいた事例の一部を紹介させていただきます。
※守秘保持契約上、企業名及び詳細についての開示は控えさせていただきます。

CASE/ シェア拡大を図るための新規事業開発

業態/事業内容 店舗サービス業
展開エリア 関東及び関西
事業規模 年商100億円以上

<案件のポイント>

・兼ねてから自社にてフランチャイズ型経営のスキーム導入を構想してはいたが実際には推進できていなかった。
・加盟ターゲットの優先順位付けや支援パッケージの基軸を明確化し本部を構築支援。

CASE/ 新規エリア展開のためのFC戦略

業態/事業内容 飲食業(複数業態)
展開エリア 北海道及び関東中心
事業規模 年商10億円以上

<案件のポイント>

・北海道及び関東エリアを中心に直営店にて15店以上展開しており、フランチャイズの加盟要望の引き合いもあったが企業としてノウハウを持ち合わせていなかった。
・FC戦略構築支援の結果、北関東や関西エリアなど広域に渡り多店舗展開が実現した。

CASE/ 出店戦略の策定によるチェーン展開方法の業務改善

業態/事業内容 物販業(メーカーによる専門店事業)
展開エリア 全国
事業規模 年商150億円以上

<案件のポイント>

・代理店出店のスキームも合わせ、既に多店舗展開及び高いシェアを押さえてはいるが、今後の立地戦略及びFC戦略の立案が不明瞭だった。
・主に既存店売上要因分析及び商圏分析による出店余地の抽出、FC戦略も含めた出店戦略の策定支援を実施した。

CASE/ 経営多角化による新たな出店戦略立案支援

業態/事業内容 店舗サービス業(他業態からの新規参入)
展開エリア 関東
事業規模 Start up

<案件のポイント>

・経営多角化により新規参入にて店舗サービス業を関東にて経営。さらなる多店舗展開を計画するがどのエリアにどの順番でなどの専門店展開スキームを持ち合わせていなかった。
・主にエリアドミナント戦略を趣旨とした出店戦略の策定支援を実施。出店エリア選定・優先順位等を明確化し事業展開の道筋付けをおこなった。

CASE/ 新たな展開方式としてのフランチャイズ戦略構築支援

業態/事業内容 医療法人グループ及び物販業
展開エリア 関東
事業規模 年商40億円以上

<案件のポイント>

・関東エリアにて、医療サービス及び関連商品の販売店舗を既に多店舗経営していたが、新たな展開方式としてフランチャイズ型経営の導入を検討していた。
・新規出店パターンの選択肢の一つとしてノウハウ化できるようフランチャイズ戦略構築支援を実施。

CASE/ シェア国内ナンバー1を目指し多店舗戦略及びFC戦略構築支援

業態/事業内容 店舗サービス業
展開エリア 全国
事業規模 70店舗以上展開

<案件のポイント>

・兼ねてから複数店経営をおこなっていたが、全国展開をおこない店舗数及びシェア1位を獲得したいとの強い要望があった。
・全国展開が可能な出店フォーマットを精査・構築し、主にFCC戦略及び立地戦略支援をおこない実質3年で業界上位のうちの1社となった。